店主ご挨拶

昆布通販吉川屋TOP » 店主ご挨拶

ごあいさつ

毎度お引き立てを賜りましてありがとうございます。
「海のない大和の国に名物昆布とは?」とさぞお思いの事と存じまして、吉川屋の始まりのお話をさせていただきます。
大正時代、大坂のおぼろ職人であった私の曽祖父、兵三郎は妻とみと共に東京は浅草で昆布加工品の卸業を営んでおりましたが、大正12年、関東大震災に被災し、大火に焼け出され、途方にくれながら生まれ故郷の大和へ帰ってまいりました。
その頃、丹波市(現在の天理)では人通りも多く、商店街が賑わっていた為、ここで商いを始める事と決心したそうです。
開業当時は夫婦二人で昆布の試食を通りや駅で行き交う方々に配り歩いたそうです。それ以来、狭いお店でしたがお土産として昆布をお買い上げくださるようになり、今では天理の名物昆布として皆様にご愛顧頂く様になりました。
現在、お買い上げのお客様におまけを差し上げておりますが、それは当時の名残として今も続けさせていただいている吉川屋の重要なスタイルとなっています。

皆様のお蔭をもちまして、吉川屋も2012年に創業90周年を迎えました。
今後も味一筋にお客様のお好みに添えるようたゆまぬ努力をかさね、お客様のお引き立てに答えさせていただきます故、これからも相変わりませずご贔屓の程、お願い申し上げます。
大和青垣の山並み美しい天理へお越しの節は、是非当店へもお立ち寄り下さいますよう、一同心からお待ち申し上げております。
店主  上田 宇亨 敬白